建機系ラジコンの呼び方や、表記で混同した物が多く在ります。
ショベルカー”の表記に、どれを示すのか分からないと言ったレビューコメントや、質問が有ったので記事にしてみます。
通称で呼ばれる jpg
通販サイトでは通称で表記されている(通販サイトからの画像を加工しています)。
上の写真の製品等を固有の形状名を使わずに単に、ショベルカーとだけの表記が有ります。
仮に、ショベルカーと一纏めにすれば、用途が変わって来ます。
写真に写るモデルを機能的に分類すると、対象を(砂、じゃり、etc)動かすと言った物で似た機能です。
おそらく?、通販サイトの説明文や商品名を通称的に表示したのが”ショベルカー”と成ったと考えています。
実質には、バックホーやユンボの一般的な使い方から視れば、その場で停車して掘削等を行う使用が一般的で、上の写真のショベル系(タイヤ型やキャタピラ型)は移動しながら、すくって移動、移動から降ろす。
同様にドーザー系は、対象を押し引きので移動させると言った建機系ですね。
要は、想った動きや作業を形状に適した構造や構成の物を最適化された建機を選ぶと良いのでは考えています。

補足:バックホーって?。
自車の方向に、手前に動かし対象を移動させるので、バック(手前/後ろ向きに)からです。

補足:ドーザーって?。
主にブレード(排土板)を使って押したり、表面を均したりする作業用のトラクターです。

補足:ショベルとは。
すくい取る物と考えると簡単かと。

少し危うい事例:
最近、建機系のラジコンの通販の内容表記や写真で!、別物の写真を掲載した物が結構あります。
実際に届いたらコレじゃない!と言ったコメントやレビューを見かけます。
例的に:まるで本物?!(稼働個所が実車並み)合金製(実際は極一部のパーツだけ)のバックホーの写真がワンウェイのプラスチック製品と金属製の高級機との混合写真に恰も高機能の様な文言も時々…其れなりに増えているかも??と購入時は御注意!。