いごっそ li

主に、ラジコン船と陸物等の紹介です。

ラジコン車両課

WPL B24サスリンクを付けて見た。

埃塗れで半放置状態のWPL B24 GAZ(ガズ)に新たに走行補助系部品のサスリフトリンク(適当に訳してます!)を後輪軸に装着して見ました。
WPL B-24 (60)
アルミ削り出しのサスマウントと板バネの通販の商品(完バラから組んでからの撮影)。
商品の内容的には、板バネはメッキ処理されて、リンクとマウントはアルマイト加工されていました。
一番!驚いたのは、付属の2mmネジのナットが脱落防止のロックナットだったのが感動です。
WPL B-24 (59)
板バネを一枚だけ追加しただけの、略純正のサスマウントとリジット部。
純正状態と言ってよい程ですね。
この状態で片輪が、路面の陥没や段差では片輪側が連なって浮き上がるか宙ぶらりんに成り駆動力が掛かり難く走破性能が低下します。
幸い?デフロック状態(ギア固定)の車両なので何とか動けるか?の状態です。
WPL B-24 (61)
サスリフトリンク(自称)を装着しました。
シャーシを黒に塗っていたので、新たに付けたサスリフトリンク(銀色)が目立ちます。
写真は通常静止状態を指で再現しています、走行時や停止時は段差が無い場合がこの位置です。
サスリフトリンク装着前の二重板(別から1枚追加)バネから、今回サスリフトリンク付属の板バネ1枚に変更しています。
WPL B-24 (62)
サスリフトリンク
フルダウン=段差等でタイヤが目一杯下がった状態です。リンクがマウントから伸び切っています。
リンクの作動量的には1cm程度ですが、この1cmが板バネと重なり可動範囲を増やします。
WPL B-24 (63)
横から、通常のアップ位置。
WPL B-24 (64)
横から、サスリフトリンクが伸びた、ダウン状態。
後輪側のみに装着していますが、今回の部品は前後4カ所に装着出来るタイプを購入していますので今後の走行状況次第でフル装着も有りですね。
装着後に車体を段差に見立て地面に押し当ててみた結果、思惑通りにスイングしていました。
たかが1cmですが、走破性能を増強出来た様な感じです。

余談的に:(写真のWPL B24には、2駆~4駆切り替え機構を装着しています)
この装着状態で2WDから、一気に後進では、おそらく後輪側が一気に伸び切るのではと考えれます。

退屈なトイラジ動画。


トイラジで遊ぼう!スズキジムニーとキャリィ編。

陸物トイラジの製作(写真)と走行(動画)のまとめです。
基本的に、高額な部品や本格的な構成では無く、トイ=玩具っぽく作ってます。
動画内のジムニーは略完成と思っていますが、キャリィの方はシャーシ周りの再改造を予定しています。

再購入したので、トイラジ スズキ キャリィ再加工。

二台目の軽トララジコンを再購入したので再び!。
軽トララジコン スズキ キャリー (33.1)

一台だけだったので躊躇っていたけど!。
横から見るたびに!バッテリーボックスとドライブユニットの箱形状が目立っ(写真の赤線部分)ていましたので。
何時か、スッキリと加工しようと思っていました。
別に作り置きのデフギア(差動物)をと考えるもサイズがホイルと略同じ・・・。
なら、新たに製作。
         WL(ウイルトイ)の1/28辺りのデフギアユニットが手に入れば?デファレンシャルギア化も。

軽トララジコン スズキ キャリー (41)
キャリィ用のデフギア(直結/デフロック)最終減速比約2/1。
写真の部品は、ミニ四駆用のピニオンとクラウンギアから構築。
でっち上げデフギアはキャリィのホイルより半分位に小さく製作ています。
入力軸は2mmの六角シャフト、出力軸も2mm六角シャフトに外径3mmの真鍮パイプを通しています。
最終的にはパテ等でシャフト軸受け形状を整え補強。
更にシャフト軸の外径を4mmに拡張して、ピンオンリールに使われているゼンマイ部から板バネを作りサスペンション化の予定。
加工想定は、純正のドライブユニットか別のギアダウンドライブユニットへユニバーサルジョイントを使ってデフギアに直結して車体後部をスッキリと変更しようとの考えです。
!?バッテリー(電池)は、そうです!、取り敢えず6v蓄電池パックに換えて運転席にでもツッコミとか?適当ですね。
デフ変更後の想定では、バッテリー兼ドライブユニットボックスの撤去で腹下の障害物に由るひっかりの削減に成ると思っていますが!、フロント側のステアリングユニットのケースが最終的には其のままに成るとの考えです・・・(実車ぽくて良いかな?)。

追加記事(ジムニー)
ラジコン スズキ ジムニー RC SUZUKI JIMNY (55)
1.2mm針金ルーフキャリヤー。
脱着出来る様(針金の弾力だより)に針金でルーフキャリヤーを製作。
スっ極適当感有りアリです。

ちょいラジ ジムニー総まとめ。

弄りつくした、ちょいラジのジムニー。
お手軽改装案構図03jpg
改造と仕様変更箇所。
二個一工法で出来上がったちょいラジ ”ジムニー”。
其のままの純正では平らな路面だけと限定されるので別の素体(HB Toys DK4302)シャーシをぶった切って無理矢理移殖、この二個一工法の御かげで走破領域は広がった物の!欲深く更に領域拡大を目指し、ジムニー純正の動力ユニットを再移植し。
        
     補足:HBToysの動力ユニットは結構(8~9km)な速度重視、Linxジムニーはその半分位の速度。


ヘッドライトにはHBToysの純正LEDを移植して白色化。
更に、ウインチ機能を別スイッチでステアリング側電源にて作動させる事に成功しましたが、
主電源をHBToysの基板利用から3.6vの蓄電池を其のまま使ったのでウインチのモーター既定電圧6v仕様、この事を忘れての計算ミスでした、その結果ウインチの牽引力は、総車体重量の半分程度、二重に(滑車掛け)で自車(推定総重量:220g)を垂直に吊上げる程度でした。
ラジコン スズキ ジムニー RC SUZUKI JIMNY (53)
登坂能力試験(改造後の試験)。
登坂力は停止から前後動で24度以上(ウインチは未使用)からタイヤが滑って登れません。
惰性が有れば登坂力も増えそうです。
上の写真はダンボールの傾斜面での保持力試験中の写真です。
傾斜角を40度まで傾けると、タイヤは回りませんが滑り出します。
ラジコン スズキ ジムニー RC SUZUKI JIMNY (54)
側方傾斜も測定中(改造後の試験)
車体重心位置はボンネットより下に有ります。
平地最大走行速度約5~6km、布面約4~5km、玉砂利(3~20㎜)約4km(砂上は未走行)3.6v使用時。
タイヤサイズ:直径31mm幅10mm(ジムニー純正タイヤホイールハブ加工済み)と、タイヤサイズ:直径30mm幅11mm(HBToys  DK4302 純正中空タイヤホイール)がネジ交換式で脱着可。
HBToys  DK4302のホイルハブは4mmの六角樹脂製。

現状、ルーフキャリヤー(1.2mm針金とハンダ止め)成る物を作成し装着済み、単に飾りです。

今回の改造経費:
HBToys  DK4302                                  ¥3200
Linx   ジムニー                    ¥2300
マイクロロータリースイッチ                 ¥560
マイクロギアダウンモーター                 ¥220
3mmステンレスシャフト                       ¥不明
1㎜プラ板                                                ¥10以下
合計                                                          ¥6280

ジムニーの総改造費は価格的にはWPL C-24辺りが普通に買えそうです。

今回のトイラジ ジムニー(通販物)に点いて。

今迄弄ったの!改造したの!!と扱っている、トイラジに点いて。
どうやら今回のジムニーのラジコンは外見だけでも類似した様な物が数個有るようです。
以前かいら購入の際に見る商品の紹介写真を見直すとタイヤホイルの形状や、オーバーフェンダーの色や形状にも違いが有ります。
更には、車体表示の”ジムニー”表記のロゴ等もシェラのネームの有無が存在しています。
一見での外見は略同形状に出来ていますが、此方で所有している個体(Linx製)はワイパーの向きが逆方向(実車と比較)に成っています。
確認出来る商品と型番:ジムニー 約1/20~1/22
HAC 2409        特徴:ジャングルグリーン/キネティックイエロー、屋根も同色専用ホイルとタイヤ。幅:8cm全長:15.5cm高さ:8㎝(箱表示)、サスペンション不明、ヘッドライト点灯(白色)。

Linx       
      特徴:イエロー/グリーン/アイボリー、屋根は艶ありの黒塗り。
幅:9.5cm全長:18.5cm高さ:8.5cm(箱表示)サスペンション無し、ヘッドライト/テールライト点灯(ヘッド青色/テール赤色)。

ピーナッツクラブ 
特徴:キネティックイエロー?、以下詳細不明。
  
ジョーゼン    特徴:青色のメタリックカラー、屋根はつや消しの黒色。

全長:約15cm(通販サイト上表示)サスペンション無し、ヘッド及びテールtライト無点灯。

     上記の全車速度及び舵角可変調整機能(フルファンクション)無し、2WD後輪駆動。
          
           ※京商やタミヤ製ジムニーは高級機の位置付けなので除外しています。

メンバーリスト
記事検索
ギャラリー
  • 価格変動が激しい、建機ラジコン。
  • 価格変動が激しい、建機ラジコン。
  • 価格変動が激しい、建機ラジコン。
  • 建機ラジコンの簡易な熱対策。
  • 建機ラジコンの簡易な熱対策。
  • 深視力測定。
  • 適材適所的な建機の改造。
  • 適材適所的な建機の改造。
  • 適材適所的な建機の改造。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ